×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スカイマークエアラインズの国内格安航空券はココがおいしい

スポンサード リンク

格安航空券を選ぶ前に航空会社を選ぶのが得策

国内旅行をしようとさぁ航空券を検索! こんなとき検索ワードは「国内・旅行・格安航空券」といった文字で答えを導きだそうとするひとは多いのではないでしょうか? 実際、検索するとありとあらゆる情報が錯綜し、ネットサーフィンの末、一体何を選べば良いのかわからなくなるなんて声も聞きます。

 

 

まず、格安航空券とは航空会社が問屋を通して個人用に料金を設定した割引航空券なのです。つまり特定の航空会社にこだわるか、それともどこの航空会社でもいいからとにかく安い航空券を選ぶかを前もって決めておくことが大切になります。特定の航空会社とはこの場合、比較的安くて便利をモットーに展開する航空会社を指します。その場合、サービス、安全性、旅行プランへの影響などリスクを負わず選べることが多いと言えます。後者のどこの航空会社でもいいからとにかく安いのを選ぶということになると、滞在期間、利用便の制限など予定を立てにくい状況は起こりかねません。

希望に沿ったプランで行動することができる旅行を比較的安くで手に入れることができるというのが一番リスクなく、楽しめると思いませんか?

日程のフィックスが最大のメリット

格安航空券の代表格でもある「前割」。前もって日程が決まっている場合、スカイマークエアラインズでは21日前、加えて35日前の「スカイバーゲン」という前割プランを利用するのも良いでしょう。15日前、10日前、8日前、

7日前、5日前、3日前、2日前であれば一部条件はありますが、お得な運賃で購入することができるうえ、予約変更をすることもできます。ここまで前割りが充実しているのはスカイマークエアラインズの特徴と言えるでしょう。

 また、一般的にゴールデンウィークなどのオンシーズンにはどの航空会社も料金を値上げするのを受け、オフシーズンに利用するのがお得利用時期といわれますが、スカイマークエアラインズの場合オンシーズンであっても格安航空券や格安航空券+宿泊プランをお得な価格で提供するキャンペーンが実施されます。これらのキャンペーンは、5日前まで受付可能なものが多く、さらに

出発日より最大14日間まで復路延長可能なものがたくさんあります。格安航空券の日数制限がデメリットとされている中で、また、10日前や7日前までの予約が多い中でこのフィックス可能期間は大変重要なポイントです。

出発日ギリギリの予約やオンシーズンであろうと格安で購入できるので、いつでも安定してお得に購入できる航空会社と言えます。

プチセレブプランを格安で

旅行の目的は非日常への逃避を目的。だからこそ、いつもとは違ってちょっとゴージャスに過ごしたい。そんなニーズが昨年から、今年に至っても増加傾向にあるようです。特に、プラン内容は自分で決めたい、プライベートな感覚を大事にしたいという利用者が多く、宿泊先の宿やホテルで非日常間を味わいたいという希望が多いようです。旅行人数が1名という人も少なくないとか。

そんなニーズにあわせてスカイマークエアラインズでは「ワンランク上のスカイスペシャル」というのがあります。ベッド幅140cmのセミダブルのベッドが用意されている京王プラザホテル札幌のプランや9階以上の高層階で宿泊できる博多全日空ホテルのプランなど非日常感たっぷりのプランが揃っています。これらプランは1名から申し込むことができ、前者の東京発、札幌プランですと17800円〜(9月〜1月末情報)、後者の東京発、博多プランですと19300円〜(9月末まで情報)と格安で体験することができます。

過去の例でいくと「シェラトンホテルに泊まってみよう」など、注目のプチセレブプランが続々と提案されました。こまめにチェックしてみて下さい。ゆったりと自分の時間を、自由に使いたい方におすすめのプランです。

狙うなら沖縄

どの航空会社にも「強みエリア」というものがあります。この強みエリアを知っていれば、狙う航空会社も的を絞って決めることができるので知っておくと便利です。例えばスカイマークエアラインズでは「沖縄・札幌・福岡」がそれにあたります。

 ここで特筆すべきは沖縄のプランがおすすめであることです。格安航空券と一緒になった宿泊プランの場合、アクセスが悪い、ホテルの質が悪いなど格安であるがゆえのランクダウンな状況がでてしまうことがあります。しかしスカイマークエアラインズで行われているキャンペーンにはお買い得プランがたくさんあります。

中でも沖縄が誇る世界遺産「首里城公園」や「国際通り」、那覇唯一のビーチ「波の上ビーチ」へもアクセス抜群で、ビジネスに観光に拠点として機能する「沖縄ハーバービューホテルクラウンプラザ」を2日間で24800円〜(9月末まで情報)利用できます。ホテルから目的地への交通費など予想外の出費が発生しないことを考えると利便性は軽視できません。また、沖縄ならではのリゾートを思わせ、清潔感あふれる「ホテルオランジュール」で3日間過ごして28800円〜(9月末情報)はお得。沖縄は狙い目なのです。

安心やサービス、目に見えないプライスが決め手

スカイマークエアラインズ利用者の声で最も多い感想のひとつが「席にゆとりを感じて快適だった」ということです。具体的にいうと大手航空会社のスーパーシートに相当するような座席が大手航空会社での普通席特別運賃と同じ値で手に入るというのです。東京―札幌間であればおおよそ1時間30分、沖縄であればおおよそ2時間45分かかります。決まった場所にそれだけの時間、固定されて過ごすことをイメージすると、座席にゆとりがあるというのは到着後での疲れや負担がなく過ごせます。このゆとりは価値のあるサービスではないでしょうか。

 また、利用者の声として多いのは「対応が丁寧だった」という点です。まず利用者は当初、格安航空券なので、通常の航空会社と比べあまり良いサービスが受けられないのではないかと疑問に思っていた方が多かったようです。実際、利用した後では、「何ら問題なく快適だった」という意見や「こちらのニーズをすばやく理解して対応してもらったのはうれしかった」と好評の様子。

 格安航空券といっても、航空会社のサービスは通常と変わりません。それならば、座席がゆったりしているなど、環境という付加価値のある航空会社を選ぶのが得策ではないでしょうか。

 


スポンサード リンク















メニュー






検索順位チェックツールseo-R

track feed